企業情報

ホーム > 企業情報 > 営業戦略

営業戦略

「地域活性化」は観光プロモーションのリーディングカンパニーにとっての使命

私たちデイリーインフォメーションは「観光プロモーションのリーディングカンパニー」を企業コンセプトに掲げ、企業活動を続けてきました。
リーディングカンパニーとしての使命は、単にメディアをセールスするだけの広告代理店になることではありません。私たちの関わるすべての業務が、日本全国の観光地で「地域活性化」につながらなければならないと考えています。
急速に変化を続ける市場のライフスタイルや考え方、企業を取り巻く環境の全てが目まぐるしい動きを見せる昨今、地域活性化に向けてはこれまでの経験に加えさらに新しい発想とそれを実現させていく行動力が不可欠となります。

幅広い広告分野をカバーすることで あらゆるニーズに応えることが可能

デイリーインフォメーションは、他の関連企業数社とともに「デイリー・アドバータイジング・コミュニティー・グループ(DACグループ)」を構成しています。DACグループは「総合広告」「求人広告」「観光広告」の3つを企業活動の柱に据え、幅広い分野に広告視野を広げることで、今までのマーケットの概念にこだわることなく新たなニーズを掘り起こし、広告としての利益を生み出すと同時に地域活性化につながるビジネスを、グループのスケールメリットを最大限に生かして実現したいと考えています。

 

例えば、観光資源がまだ十分に開発されていない地域を観光産業で活性化しようとした時、まずはその地域のニーズに合った企業を探さなければなりません。埋もれている歴史的な文化財、革新的なレジャー施設などを観光資源として開発できる企業と地域を結びつけるノウハウは、総合広告分野で培ってきました。産業として成り立たせるためには、そこで従事する人材も募集する必要があり、求人広告のノウハウも必要になります。そして観光産業をより発展させていくためには、いかに集客や送客効果を上げるかなど観光広告のノウハウが必要になるのです。

全国6拠点の各地域に精通した“プロ”がそれぞれの特性生かしたプロモーションを展開

現在、デイリーインフォメーションには全国に6カ所の拠点があります。各地に拠点を設けた理由として、まず各エリアにおける「地域密着型の顧客サービス」の実現が挙げられます。同じ日本といえども各地域によって風土や文化、培ってきた土壌は全く異なります。それぞれの地域にあった顧客サービス、広告手法、プロモーション展開などを企画し実現するためには、各地域に精通している「地域のプロフェッショナル」が必要だったのです。

 

また、各地域のプロのノウハウ・情報と東京本社での高い広告ノウハウを全国で共有し、それぞれの地域にフィードバックし活用することで、高いノウハウと幅広い事例を持ったサービスでクライアント様へご提供させていただけると考えました。

 

例えば、北海道から九州の消費者に向けて観光プロモーションを展開する場合、北海道の隠れた観光スポットの開発や地域に合った顧客サービスは札幌支社にいる「地域のプロ」が担当します。その観光情報を福岡支社にいる「地域のプロ」と東京本社のノウハウが九州に最適な広告手法、プロモーション展開にすることができるのです。現在は全国に6拠点となっていますが、今後さらに拡充していき、将来的には国内の主要な観光スポットごとに一つの拠点を設け、より細やかでタイムリーな顧客カスタマーサービスを提供していく予定です。

既存メディアだけに頼るのではなく必要ならば新規メディアも開発

観光産業の課題の多くは集客であり、私たちから見ればいかに「送客」できるかということになります。そのためには、情報を必要としている人に対して、情報を必要としているタイミングで、情報にリーチさせることが大切です。

 

現在、情報の入手方法は多岐に渡っていて、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)やコンシューマー・ジェネレーテッド・メディア(CGM)など新たなメディアも次々と生まれています。私たちの使命は、ニーズの合致しているターゲットに対して、情報を送り続けることです。広告という手法でツールを変えながら、エリアと消費者を結ぶ役割を私たちが担っていると考えています。もし、既存のメディアにクライアントが満足できなければ、新たなメディア開発することも私たちの役割でしょう。

 

政府は2007年に「観光立国推進基本法」を施行し、日本の観光情報を従来以上に積極的に世界へ発信するようになりました。外国人向けのインバウンド事業にもここ数年、旅行会社をはじめ多くの企業が取り組むようになっています。私たちデイリーインフォメーションでは「観光立国推進基本法」施行の数年前からインバウンド事業に取り組み、他社に先駆けて成果を上げてきました。今後もこれまでに培ったノウハウを生かし、さらにインバウンド事業を発展させていく考えです。インバウンドのコンサルティングだけでなく実際に人を呼び込むプロモーションまで行なえるのが私たちの強味だと思います。

広告代理店ではなく地域活性化を一緒に考えるマーケティングパートナーへ

現代社会ではあらゆる産業においてプロダクトアウトではなく、マーケットインの市場となっています。消費者のニーズがどこにあるのかを明確にした時、既存のもので対応できなければ新たなコンタクトポイントや流通システムを開発して、新たな需要を喚起していかなければなりません。私たちデイリーインフォメーションは観光産業において、こうした手法で地域活性化に取り組んできました。

 

これからも広告代理店として一般ユーザーとクライアントを結ぶ役割だけでなく、鉄道やバスといった公共交通機関などインフラ整備をはじめ、地域の観光産業に関る全ての企業や人たちと一緒になって、観光需要の喚起や創出について検討していくマーケティングパートナーでありたいと願っています。